高校受験

【石川エリア 金沢西教室】人を動かすのは「言葉」ではなく・・・

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

暑い日が続きますね!
夏真っ盛りと言ったところです。

先日、家族を連れて海に行ってきました。
久しぶりの海水浴でしたが、子どもたちとはしゃいで、とても楽しめました!
しかし不覚にも体の一部に日焼け止めを塗り忘れたため、真っ赤&ヒリヒリしております・・・。
数年前までは日焼けなんて一切気にせず、豪快に焼きまくっていましたが、
最近は肌に加齢を感じ始めて、ケアを欠かさないようにしています・・・。
もういい年なので・・・笑

さて、ウチの子どもたちも夏休みなので、必然的に普段より親と関わる時間が増えます。
宿題にしっかり取り組ませるとか、ルールを守らせるとか、実に大変ですね。
私が自宅の2階にいると、よく1階から妻の怒号が聞こえてきます笑。
小学生の子がいるご家庭は、「夏休みなんてなければ・・・」と思うかもしれませんね!

しかしこの夏休みの時間って、子どもの人間性の育成において、とても貴重な期間だと感じます。
魅力的な体験や経験をするチャンスがたくさんあるからです!
少し前にも似たようなことをブログで書きましたけどね・・・!

【石川エリア 金沢西教室】「想像力」>「学力」

子どもって、誰かにやらされたことは、ほぼほぼ好きにならないそうです。
「自ら興味を持つ」ことが、物事を好きになるための大前提なのだとか。
よく聞きますよね、「勉強しろ」と言われて育った子が勉強嫌いになり、
たはまた全く勉強のことを言わない親の子が、東大に進学したり・・・。
なんとも親としては切ない話ではありますが・・・(^_^;)

夏休みは、いろいろな興味を発掘する良い機会がたくさんあるように思います。
かくいう私も、できるだけいろんな経験をさせたいと、休みの日の作戦を立てたりします。
大切なのは、「親がさせる」という状況にするのではなく、
「親がきっかけや環境を作る」というところだと思います。
そして与えた興味について、親がどういう距離感で寄り添うかが一番大切です。

勉強に対して厳しい親の子どもが、勉強をしっかりするようになったという事例もあります。
しかしそういう家庭には、然るべき「学習環境」と、親ぐるみで厳しく律せられた「文化」と、
親が子どもに発している言葉に対しての「合理的な親の背中」があるようです。
例えば、読書をしない親が子どもに「本を読め!」なんて言っても、全く説得力がないわけです。
結局のところ、人を動かすのは言葉ではなく、『環境』なのです。

子どもって、実に親の言動を見てますよね。
そして親の行動や反応をみて、自分の行動を決めているんです。
親の子どもへの接し方が、興味にも性格形成にも多大に影響を与えるわけですね。
そんなこんなで子育ての難しさを改めて実感する日々!大変ですね、非常に!
なまじ変な教育観を持っているもんだから、なおのことややこしくなる私の頭の中です。

とりあえず、楽しく勉強と読書をする背中だけは、頑張って見せ続けていこうと思います!
なんか今回のブログはとっ散らかって、うまくまとまりませんでした!笑

夏期講習後期日程実施中!
教室が超満員で暑苦しいです!笑
されど、生徒の熱い気持ちには負けません!
引き続きガンガン指導していきますヨ!!(^-^)q

【石川エリア 金沢西教室】夏期講習の定員あとわずか!

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

タイトルの通りですが、夏期講習の定員があとわずかとなりました!
入塾キャンペーンとして新規入塾生徒は夏期講習を無料にさせていただいたこともあり、
多くのお問い合わせをいただきまして、あと数名を持ちまして受付を終了します。

可能であればもっとお招きしたいのですが、教室のキャパ的に限界があるので・・・(^_^;)

もし学習空間の夏期講習の受講をご検討中の方がおられましたら、
どうぞお早めにご相談くださいませ。

【石川エリア 金沢西教室】自立学習のススメ

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

私には、今年小学生になった娘がおります。
学校の勉強についていけるようにと、いろいろと教材を買い与えたりしています。
余計なことなのかもしれませんが、やっぱり心配ですからね・・・。

娘が問題を解いていると、よく「わからないー!」と癇癪を起します笑。
話を聞くと、ろくに問題文も読まずに解こうとしているではありませんか。
まずは自分でしっかり問題文を読んでから取り組むように伝えます。
安易に正解するよう促したり、必要以上のヒントを与えることはしません。
なぜなら、自分で努力して解く余地が、まだ残されているからです。

教えることも大切ですが、教えすぎないことも大切です。

学習空間では「自立学習」を目指して、指導を行っています。
自立学習とは何かというと、先生の力に頼らず自分一人ででも
①わからないことを自分で調べて解決し
②覚えるべきことをちゃんと暗記し
③どんな勉強をすべきか考えることができ
④適切な計画を立てて
⑤自発的に良い勉強に向かえる
という状態です。

もちろん上記はある意味「ゴール」であり、そんな簡単に到達できる境地ではありません。
ただ、できるできないに関わらず、やろうとしているかどうかが、重要なのです。

「自立学習」の反対の言葉があるとすれば、「依存学習」でしょう。
①勉強は、親や先生に言われないとなかなかしない
②わからないことがあると、先生に説明してもらわないと前に進めない
③先生に指示をもらわないと、何を勉強していいかわからない
のような状態です。

こういう状態の中学生は、よくいると思います。
それに困って、塾を探される保護者の方は多いです。
この「依存学習」状態を、「自立学習」状態に変えるのが、我々のミッションです。

さて、「テストの点数が上がらない」「成績が上がらない」の理由は何でしょうか?

例えば、こんな子がいるとします。
「うちの子は勉強のやる気はあるが、どうも教科の内容でわからないことが多い。
わからない部分だけ質問できれば、あとはちゃんと自分で理解・暗記ができる。
学んだことを定着させる演習も、自宅でちゃんと計画的に進められる。
だから週に1回のペースで、先生に付いてもらって教え込んでほしい!」

こういう子であれば、完全に「自立学習」ができています。
点数が上がらない理由があるとすれば、「疑問点の解消不足」でしょう。
塾でわからないところだけ教えてもらえば、すぐに点数は上がると思います。

しかし上記のような状況の生徒は、多くはいないのが現実かと思います。

勉強は、ただわからないことを教えてもらうだけでは、全くもって完了しません。
「塾で教えてもらう」から「テストで点が取れる」までには、実に多くのプロセスがあります。

「教えてもらう」⇒「教わった知識を整理・暗記する」⇒「関連する問題を何度も解いてみる」
⇒「誤答したものを整理し、対策を考える」⇒「後日、類題を再演習して定着度をチェックする」
などです。
これがちゃんとできれば、テストの点数はめちゃくちゃ上がります。
学習空間では、上記を塾でちゃんと生徒にさせていくことを大切にしています。
講師が各生徒の状況を管理し、適切な学習計画を指示していきます。
それを日々繰り返していくと、生徒が自発的に上記の行動を行うようになります。
「依存学習」が「自立学習」に変化する瞬間です!

また、学習空間では自分で解説を読んで理解させるトレーニングを指導に組み込んでいます。
「教えてもらう」に依存せず、自分で読んで理解する力は本当に重要です。
高校や大学に行けば、当然のように要求される能力です。
小学生や中学生のうちからそういったチカラを鍛えていくことも、学習空間の方針です。
解説を全く読もうとせずに、「何もわからんから先生教えて~。」は許しません!笑

もちろん生徒が自力で理解できない場合は教えます。当たり前ですが・・・(^-^;)
学力や理解力ではなく、「自力でわかろうとする行動力」を育んでいくことが目的です。
わからないとすぐに先生に頼ってしまうのではなく、
まずは「自分で解説を読んで考えてみよう!」という意欲を引き出していくことが、
生徒の将来的な自己学習力UPも見据えた、我々の狙いなのです。

良いテストの点数や成績は、然るべき行動があれば、必ずあとからついてくるものです。

【石川エリア 金沢西教室】夏期講習申し込み受付中!

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

学習空間では、現在夏期講習の申し込みを受付中です!
夏の学習は本当に大事ですね。
夏休みの期間にどう復習を行えるかで、9月以降の学習の吸収具合が変わります。
これはもう本当に、如実な変化が出ます。

勉強は、いつも既習内容を元にして、より発展的な内容を学習します。
ですので、それまでの学習内容が身についていないと、
いくら新学期から心機一転して頑張ろうと思っても、
「なぜそうなるかわからない」と感じることが多くなります。
学校では、もうわかっていることとして扱われてしまうからです。
そしてせっかくやる気を出しても、わからないからやる気が下がってくる・・・
という悲しい結末になります・・・(:_;)

夏に、それまでの学習内容の復習や苦手克服をしておくことは、
先々のやる気を下げないため、高めていくために、とても重要です。

学習空間では、前期と後期で8日間ずつ夏期講習を実施します。
合計16日間あり、すべての日程を受講することもできます。

また、7月末までに新規入塾いただいた方は、夏期講習は無料で受講できます。
8日間でも、16日間でも、どちらでも無料です!(^-^)
親が喜び、子がゲンナリする画期的キャンペーンです笑。
詳細は、以下のURLをご覧ください。

☆☆お得なキャンペーン情報☆☆

講習の内容は、生徒の学力や状況にあわせて調整します。
宿題のフォローや実施管理をお願いされることもよくあります。

ご不明なことがあれば、お気軽にご相談ください~。

【石川エリア 金沢西教室】勉強とダイエットの共通点とは!?

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

今回の謎のタイトルからなる当ブログのオチは、文章後半に展開されます。
あまり期待せずにお読みいただければと思います・・・m(_ _)m

さて、いよいよ来週に期末テストが実施されます。
それに際し、今回も日曜を開校して、無料特別講習を行うこととなりました!
前回はほとんどの生徒が、お休みにも関わらずちゃんと来塾してくれました。
みんなの意欲の高さにちょっとびっくり(^^)
それでみんなちゃんと結果を出してくれていたので、やった甲斐があるというもの。
今回も来てくれた生徒には、しっかり与えられるだけのことを与えていきたいと思います。

テスト勉強って、突き詰めていくと技術のいる勉強だと思います。
あらゆる分野の学問を並行して期日までに学習していくわけです。
それを有意義にするには、優先順位や手順、効率、反復など、大事なことが山ほどあります。
それがよくわからずに闇雲になんとなくワークを解きなおしたり、教科書を読んでも、
かけた時間に対して相応の効果はなかなか得られないように思います。

塾の役割は、その迷える子羊たち(笑)の先陣に立ち、ちゃんと導いてあげることですね。

「勉強しているけど点数が上がらない」というご相談は少なくありません。
しかし、本当に「勉強しているけど点数が上がらない」ような人なんて、
いるはずがないと思うのです。

●「勉強」=「時間があればワークを見返したり、教科書を眺める」
ではありません。

●「勉強」=「疑問点を解消し、反復して知識を定着させ、設問を解ける状態になること」
なのです。

正しい方法で勉強すれば、必ず効果は出ます!

わかりやすくお伝えしましょう。
●「ダイエット」=「たまに運動したり間食やデザートを我慢する」でなはく、
●「ダイエット」=「適切なカロリー制限と健康的な食生活管理の実施」
であるのと同じです。

・・・たぶん!笑。

「ダイエットしているけど体重が減らない」という方も、当塾にお気軽にご相談ください笑。

さぁ、話はそれましたが、学習空間の生徒のみなさん、明日も頑張りましょうね!

【石川エリア 金沢西教室】「下手な勉強」と「上手い勉強」

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

現在学習空間では、期末テスト対策指導の真っただ中です!
ワークの繰り返しを頑張ってくれている生徒もいれば、
さらに発展的な問題演習に取り組んでいる生徒、
ワークが遅れ気味で必死になっている生徒など、
様々な状況の中でみんな頑張ってくれています。

多くの生徒と関わっていると見えてくるのが、
やはり「下手な勉強」と「上手い勉強」です。

勉強には、3つの段階あると私は考えています。
①理解する勉強
②覚える勉強
③正しく解答する勉強
の3段階です。
勉強がうまくいっていない生徒は、この3つのステップがうまく進められていません。

学校では勉強の内容を教えてくれます。
「教えてもらう」のは①の第1段階ですね。
でも教えてもらって理解しても、それを覚えていなければテストで点は取れません。

少し頑張っている生徒は、ちゃんと学んだことを覚えようとします。
「暗記する」は②の第2段階ですね。
覚えたことをそのまま書けば点がもらえる部分では得点ができます。
でもこれでもなかなか平均点を超えるレベルまではいけません。
少し出題方法をひねられると、正しく解答できなくなる場合があるからです。
言葉や理屈は暗記していても、その知識を「どのタイミングで使うか」が
設問から判断できないと、正しい答えが書けません。
テスト直しで答えをみたときに、「あー、これ知ってたのに・・・」ということに
よくなる人がこの段階で止まっている人です。
「知っている」「覚えている」と「問題を解ける」は別次元なのです。

高い点を取れる生徒は、第3段階の「正しく解答する勉強」をしています。
繰り返しワークを解いて出題パターンまでちゃんと覚えます。
解説もちゃんと読んで、どう正答につなげていくかのプロセスも覚えます。
あやふやな知識はノートに整理し、体系的に理解と暗記をすることで、
覚えた内容を自らの言葉で説明できるレベルで、頭に落とし込んでいきます。
これが、「上手い勉強」です。

2020年から「新学習指導要領」が導入されます。
今までの「知識を覚える勉強」から「知識を使う勉強」が重視されていくようです。
「知識」という名の「道具」を、ちゃんと使いこなす能力が求められていきます。
「何という道具か」「何に使うか道具か」を覚えるだけではダメな時代です。
「道具をどう使うか」を学び、使い方を身に着けていくことが求められています。

いやぁ・・・それにしても大変ですね、今の子どもたちは・・・。
我々の若いときよりも、はるかに大変な状況にいると思います。
スマホやSNSなどの「誘惑」も、昔と比べて影響力がものすごいですからね・・・。
しっかり大人が管理してあげないとですね。

これからの時代を担ってくれる若者を育てていく立場の人間として、
しっかりと「上手い勉強」の仕方を伝え続けていきたいと思います。
それが彼らよりも先を生きている、我々大人たちの大きな使命の一つだと私は思います。

【石川エリア 金沢西教室】テスト2週間前から通い放題!

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

今週よりほとんどの中学校が期末テストまで2週間となりました。
学習空間では、テスト2週間前からテスト対策で毎日塾に通えます!
もちろん追加料金などはいただきません!(-_^)b
そしてもちろん自習ではなく、来てくれた生徒には必ず指導します(^-^)

よく保護者様に「自習はできますか?」と質問されます。
できます・・・。でも、できません・・・。

なぜなら、教室にいる生徒にはどうしても私は指導してしまうからです笑。
「自習したいから放っておいてくれ!」と言われない限り、
つい教えたり、学習の進め方をアドバイスをしたりしてしまいます。
学習空間は教えること以上に、学習管理に重きを置いた塾です。
「自習」という考え方はなく、教室に来てくれる限り、しっかり学習内容を見ます。
そして適切なアドバイスを随時行います。

テスト勉強には、「戦略」がとても大切です。
どの教科を優先して学習するか。
どの分野を優先して暗記するか。
どの範囲は後回しにするか。
どの教科のワークを、特に多く繰り返し解き直すべきか。
いつまでにどの程度の習熟度を目指して演習すべきか。

「自習」のつもりで来てくれた生徒にも、上記のことをごちゃごちゃ指示します笑。
あまりに細かいのでうるさく感じることもあるかもしれません。。。
でも必ず良い結果につながるので、みんなちゃんと指示に従ってくれています!

テスト勉強のできる時間は限られています。時間をどう使うかはとても重要です。
時間の使い方を制す者は、定期テストを制す、ですね。
テストまであと2週間!
楽しい夏休み(夏期講習?笑)に向けて、最後の力を振り絞って皆さんがんばりましょう!(^o^)/

【石川エリア 金沢西教室】期末テストに向けて!

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

早いもので、来週になれば中学校の期末テストまで残り2週間となります。
つい最近中間テストが終わったばかりのような感覚ですが、
この時期の定期テストのスパンは非常に短いですね(^_^;)

学習空間の生徒たちには、もちろん既に期末テストを意識したカリキュラムで指導を進めています。
学習空間にとってテスト対策は、3週間前からが勝負です。
2週間前になるまでにどの程度テスト範囲になる内容を理解して、ワークを進めておくか。
その仕上がり具合で、ある程度のテスト本番の着地点は見えてきます。
2週間前の時点で自分の「課題点」がわかっている子は強いです。
その日から2週間もの時間をかけて、じっくり対策をしていけるからです。
だから、3週間前の段階で、いかに計画的に復習とワーク演習をしておくかが重要なのです。
学習空間では、その状況を細かく管理します。

テストで点を取るために一番必要なのは、「教えてもらうこと」ではありません。
早い段階で課題点を明確にして、十分な演習を積むことこそ必要です。
勉強の内容を理解することと、テストで点が取れることは全く異なります。

例えばマラソンの監督に、タイムを縮める走り方をいくら教えられたところで、
本番までに、アドバイスに即した練習を十分に積んでいなければ、
良い結果にはつながらないのと同じです。

学習空間では、わからないことを教えるのは当然ですが、
それ以上に「計画的な演習の管理」をすることを重要視しています。
計画的に学校の復習をさせていれば、不思議と「わからないこと」は減るんですね。
だからテスト前に「理解する」「覚える」に専念できます。

テストで点を取るためには、テスト前に慌てて詰め込むのではなく、
普段から計画的に復習と演習を行う習慣がとても大切なのです。

それを部活やスポーツに置き換えて考えれば、当然のことなんですけどね・・・(^∀^;)

【石川エリア 金沢西教室】1学期中間テストの点数アップ速報!

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

先日各中学校で実施された中間テストの結果が返ってきつつあります。
今のところ、報告をもらっている人は全員前回よりも点数を上げてきてくれています♪
みんなのテスト前の努力の成果が出て、本当にうれしい限りです(T∀T)

一部ですが、特に上がり幅の大きかったものをご紹介します!
●大徳中2年生のIさん
数学・・・1年学年末テストより27点UP!
●大徳中2年生のNさん
英語・・・1年学年末テストより39点UP!
社会・・・1年学年末テストより31点UP!
●大徳中2年生のKくん
英語・・・1年学年末テストより48点UP!
数学・・・1年学年末テストより47点UP!
●金石中2年生のOさん
数学・・・1年学年末テストより31点UP!
●大徳中3年生のSくん
数学・・・2年学年末テストより30点UP!
●大徳中3年生のYさん
数学・・・2年学年末テストより39点UP!

前回が学年末テストで比較的点が取りにくいテストだったからかもしれませんし、
まだ塾に入る前の点数との比較ではありますが、
それにしても今回の点の上がり幅は皆さんなかなかのものです・・・(^_^;)
しっかりテスト対策を頑張ったからこその成果ですね!

今の段階で報告を受けている子についてはみんな少なからず得点UPしてくれたのですが、
中でも特に点数が大きく伸びた人には共通点があります。

それはやはりこちらの指示通りにしっかり演習を繰り返してくれていることです。
同じ問題を何度も何度も解いてもらったり、解きなおしを繰り返ししてもらいました。
学校のワークでバツがついた問題は、覚えるまで毎回塾で出題してチェックしました。
要点について講師が口頭で尋ね、ちゃんと答えられるまで何度も質問し続けました。

だから学習したことが、ちゃんと生徒の中に「残る」のです。
勉強が苦手な子には特に、「教える」だけでなく、この「残す」学習指導が大切です。
そのためには、生徒の理解状況や暗記状況を細かく把握し、
適切で的確な演習を指示することがとても重要になってきます。
スポーツのトレーナーが、アスリートのトレーニングメニューを管理することと同じですね。
何を教えるか以上に、そのあとどう練習して身に着けさせるかの方がはるかに大事なのです。

これが私たち学習空間の強みである「学習管理」です。

そしてこの講師による学習管理がやがて必要ではなくなり、
言われなくてもちゃんと自分で的確に自分の学習管理ができる子を育成することが、
学習空間が目指す一つのゴールでもあります。(^-^)d”

【石川エリア 金沢西教室】点数の上がるテスト対策の仕方とは?

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

いよいよ来週から中間テスト、依然として対策を実施中です。
学校の提出物は仕上がったので、繰り返しの演習や塾の対策プリントに力を注ぐ子が増えてきました。
とても良い傾向です!(^-^)b

テストで点を取るためには、点が取れる学習の進め方をする必要があります。
それは「理解」と「暗記」と「演習」をしっかり管理して、計画的に学習することです。

ただ理解しているだけでは、テストで答えが書けません。
「答えを見ればわかるのに、本番では解けない」となる子のパターンです。

また、ただ覚えるだけでも、テストで正答は得られません。
問題の出され方が変われば、うまく覚えた知識を出せないからです。

テストで点を取るためには、
①早い段階での理解(インプット)
②計画的な暗記(インプット)
③覚えたことを問題演習で出せるようにする練習(アウトプット)
の3つが全てできている必要があります。

学習空間では、この「理解」「暗記」「演習」のサイクルを講師がコントロールしながら、
学習を進めてもらいます。

そういった習慣をつけさせると、やがて生徒自らそのサイクルで学習してくれるようになります。
学習空間の「生徒を育てる」という理念は、この流れを作ることを目指す理念なのです。(^o^)
そしてテストでちゃんと結果が出ることで、生徒の行動はさらに前向きに変化していきます。

ここをしっかり管理するのが、学習空間の強みでもあります。
せっかくやるのであれば、正しい勉強のステップを踏んでもらうことは本当に大事ですね。