学習塾

【石川エリア 金沢西教室】冬でもアツい冬期講習実施中!

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

本日より、学習空間では冬期講習をスタートしました!
学習空間では生徒に合わせて教材の量やレベルを調整し、
その生徒に合った問題演習をがっつりとさせていきます。
やはりたくさんの問題に触れて、一つを理解していくことが、
成績アップには何よりも大切ですね!

特に中学3年生においては今からが追い込みの時期です。
講習を通じて、しっかり課題点の克服と、得点源の開拓を進めていきます!
そろそろ過去問の分析も丁寧に行っていくべき時期です。
みんな高い意欲で取り組んでくれているので、こちらも指導にチカラが入ります(^-^)
初日から、通常指導と合わせて6時間以上取り組んでくれている子も何名かいました。
みなさん、一緒に頑張っていきましょうね!!

【石川エリア 金沢西教室】5教科のテスト対策の極意を教えます!

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

いよいよ各中学校では、期末テストまで1週間を切りました。
学習空間の生徒も、毎日のように塾に来て対策を進めております。
良い年末を迎えるためにも、絶対にここではコケたくないですからね!!!
今年一番の頑張りを是非見せてほしいと思います。

さて、テスト勉強と一言に言っても、教科によって意識することは異なります。
とりあえず「学校のワークを進めよう」とは、誰もがなると思いますが、
ワークが一通り済んだら次に何をしたらよいかわからない、という生徒は少なくありません。

しかし点数をあげるために大事なのは、ワークを済んでから、次に何をするかなのです。
教科ごとに、意識すべきことを簡単に紹介します。

●英語
・テスト範囲の単語を覚えなおす。英語から日本語、日本語から英語を全てかけるようにしておく。
・ワークで誤答した文法事項について、なぜその表現になるかをノートに整理する。
・教科書の本文を読み返し、重要表現を含んだ一文は全て英作文できるか確認する。

●数学
・ワークで誤答した問題は、見たら解法がすぐに頭に浮かぶようになるまで何度も解きなおす。
・教科書に載っている問題も、隅々まで解いておく。
・ワークの問題が全て解けるようになったら、別教材で応用力をつけていく。

●理科
・ワークの問題は、全て解ける状態にする。重要語句はしっかりノートに整理して暗記する。
・実験について、その目的や意義などをノートに整理し、説明できるレベルまで理解する。

●社会
・まずは、ワークにある問題なら全て覚えている状態を作る。覚えれていない語句はひたすら暗記。
・覚えた知識を自分なりにカテゴリーに分けて整理し、バラバラの語句を体系的にまとめていく。
⇒個々の知識をノートに整理しながら紐づけしていくことで、初見の問題に対する応用力が高まる。

●国語
・ワークの問題で問われている箇所をしっかりチェックし、設問の答えも覚えておく。
・教科書とノートをしっかり読み返して、話の流れや内容を詳細に頭に入れておく。
・覚えがあやふやな漢字や文法はノートに一覧にして、簡単に見返せるようにしておく。

ざっと書き出しましたが、これではざっくり過ぎてわかりにくいかもですね苦笑
なぜそうべきかという理由や、具体的な方法は、いつも塾で生徒にクドクドと話しております。
これが完璧にできれば確実に高い点数に繋がります!
とはいえ、限られた時間でどこまで仕上げられるかは、生徒の状況によっても変わります。
そしてなかなか自分の勉強の仕方を変えられない子も少なくありません。
理想を言われてもなかなかすぐに変化を起こせないのは、大人でも同じです。

まずは自分のしている勉強を見つめなおし、改善ポイントを意識して探してみて、
少しでも行動してみることが大事です。
三日坊主でも中途半端でも構いません。やらないより100倍マシです。

何かしらでも行動を変えれば、必ず結果も変化するのです。

【石川エリア 金沢西教室】金沢市統一テスト間近!短期間で得点UPのカギとは?

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

金沢市の統一テストがいよいよ来週の金曜に迫ってきました。
受験校を左右する大事なテストですね!
学習空間でも、中学3年生は毎日のようにテストに向けて対策を行っております。
模試や実力テストと同様に、とても範囲の広いテストなので、対策も簡単ではありません。
どこをどう勉強したらいいかわからず、闇雲な学習になりそうになる子も多いです。

しかし、勉強には戦略が何より重要!
勝つためには漠然と量をこなすのではなく、攻め方をちゃんと見定めることが大事です。

そのために、私はよく「守備範囲を広げろ」という表現で生徒にアドバイスします。
教科の勉強においては、広く浅い学習よりも、狭く深い学習の方が大切です。
あれこれと単元を変えながら表面的な復習や対策をするよりは、
まずは1つに単元を絞って、深いところまで徹底的に学習しなおす方が効果的です。

テストでは「知っている」では問題は解けません。
「覚えている」「解ける」のレベルまで学習を進めておく必要があります。
そのためには、やはり深く細かい部分まで覚えなおす学習と、
出題パターンが変わっても応用できるレベルになるための演習が不可欠なのです。

球が飛んで来たら、確実にキャッチできる範囲を広げるのが、「守備範囲を広げろ」の意味です。
これをしっかり行えば、短期間で得点UPすることも可能になります。

学習空間では、生徒一人一人が学習している内容は全く違います。
教材もペースもレベルも範囲も、何もかもバラバラの個別対応です。
その生徒が点数アップするために、最も適切なカリキュラムを与えて、指導を行います。
その進捗を細かく管理できるのが、学習空間の強みでもあるのです!
そのため、中3の各生徒が統一テストに向けて鍛えている守備範囲もバラバラです。
生徒の向き不向きやこれまでの学習傾向を最大限に加味して、学習内容を調整しています。

あまりにバラバラなので、たまに他の生徒の内容と混乱してしまうこともあります!笑
でももちろんほとんど覚えてますよ。
何が苦手か、どこでいつも間違うか、どこは以前できていたか、得意なところは何か、
何を理解しているか、どんな分野が好きか、どんな説明の仕方をすれば理解が早いか、
などなど。
そこはけっこう自信あります。( ̄▽ ̄)b

でも最後に必要なのは、やはり生徒自身の高い意欲と行動力ですね。
それ無しでは、やはりどんなにこちらがうまくアプローチしても効果が出にくいです。
生徒自身の意識と行動が本質的に変化すれば、学力は面白いくらい変化します。
当たり前ですね。

さぁ、金沢市統一テストまであと1週間!(も無いけど)
悔い無き結果になるように、全力疾走で当日まで頑張りましょう!
私も生徒に負けないように全力疾走で、熱き指導に尽力していきますよん!

【石川エリア 金沢西教室】生徒の合唱コンクールを観に行きました♪

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

本日、大徳中の合唱コンクールを観に、金沢歌劇座まで行ってきました♪
生徒に誘われまして、興味があったので足を運んできました(^^)
生徒とのこういった繋がりを大事にすることも、学習空間ならではです!

生徒の合唱コンクールを観に行くのは結構久しぶりで、とても楽しめました。
どの学年のどのクラスの合唱も、「練習をしてきた!」という感じがヒシヒシと伝わりますね。
歌の一体感と、声量の迫力と、美しいハーモニーに魅了されました~。

また、普段塾で見るときとは違った雰囲気の生徒を見れたことも新鮮でした。
当たり前ですけど、みんな勉強以外でもいろんなことを頑張っているわけです。
「自分も頑張らねば!」と、ちょっと活力をもらえたような気がします(^-^)

みんなにもらったパワーを、今度は塾の指導に還元して、ビシビシ指導していきたいと思います!

また誘ってね~。

【石川エリア 金沢西教室】人を動かすのは「言葉」ではなく・・・

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

暑い日が続きますね!
夏真っ盛りと言ったところです。

先日、家族を連れて海に行ってきました。
久しぶりの海水浴でしたが、子どもたちとはしゃいで、とても楽しめました!
しかし不覚にも体の一部に日焼け止めを塗り忘れたため、真っ赤&ヒリヒリしております・・・。
数年前までは日焼けなんて一切気にせず、豪快に焼きまくっていましたが、
最近は肌に加齢を感じ始めて、ケアを欠かさないようにしています・・・。
もういい年なので・・・笑

さて、ウチの子どもたちも夏休みなので、必然的に普段より親と関わる時間が増えます。
宿題にしっかり取り組ませるとか、ルールを守らせるとか、実に大変ですね。
私が自宅の2階にいると、よく1階から妻の怒号が聞こえてきます笑。
小学生の子がいるご家庭は、「夏休みなんてなければ・・・」と思うかもしれませんね!

しかしこの夏休みの時間って、子どもの人間性の育成において、とても貴重な期間だと感じます。
魅力的な体験や経験をするチャンスがたくさんあるからです!
少し前にも似たようなことをブログで書きましたけどね・・・!

【石川エリア 金沢西教室】「想像力」>「学力」

子どもって、誰かにやらされたことは、ほぼほぼ好きにならないそうです。
「自ら興味を持つ」ことが、物事を好きになるための大前提なのだとか。
よく聞きますよね、「勉強しろ」と言われて育った子が勉強嫌いになり、
たはまた全く勉強のことを言わない親の子が、東大に進学したり・・・。
なんとも親としては切ない話ではありますが・・・(^_^;)

夏休みは、いろいろな興味を発掘する良い機会がたくさんあるように思います。
かくいう私も、できるだけいろんな経験をさせたいと、休みの日の作戦を立てたりします。
大切なのは、「親がさせる」という状況にするのではなく、
「親がきっかけや環境を作る」というところだと思います。
そして与えた興味について、親がどういう距離感で寄り添うかが一番大切です。

勉強に対して厳しい親の子どもが、勉強をしっかりするようになったという事例もあります。
しかしそういう家庭には、然るべき「学習環境」と、親ぐるみで厳しく律せられた「文化」と、
親が子どもに発している言葉に対しての「合理的な親の背中」があるようです。
例えば、読書をしない親が子どもに「本を読め!」なんて言っても、全く説得力がないわけです。
結局のところ、人を動かすのは言葉ではなく、『環境』なのです。

子どもって、実に親の言動を見てますよね。
そして親の行動や反応をみて、自分の行動を決めているんです。
親の子どもへの接し方が、興味にも性格形成にも多大に影響を与えるわけですね。
そんなこんなで子育ての難しさを改めて実感する日々!大変ですね、非常に!
なまじ変な教育観を持っているもんだから、なおのことややこしくなる私の頭の中です。

とりあえず、楽しく勉強と読書をする背中だけは、頑張って見せ続けていこうと思います!
なんか今回のブログはとっ散らかって、うまくまとまりませんでした!笑

夏期講習後期日程実施中!
教室が超満員で暑苦しいです!笑
されど、生徒の熱い気持ちには負けません!
引き続きガンガン指導していきますヨ!!(^-^)q

【石川エリア 金沢西教室】6年ぶりの花火大会!

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

先日、北國花火大会に足を運んでまりいました。
本来土曜に開催予定でしたが、台風による順延で日曜での開催となりました。
そのおかげで、私も見に行くことができたわけです!

大規模な花火大会はほとんどが土曜に開催されます。
土曜が仕事なので、毎年どう頑張っても見に行くことはできません。
前回まともに花火大会に足を運べたときを思い返すと、実に6年前でした。
念願かなってようやく大迫力の花火を堪能することができました(^^)

余談ですが、あの大量の観覧客の中で、塾の生徒を一人だけ見かけました。
あれだけ人がいる中で、数十人の塾生のうちの一人に会えるのはなかなかの奇跡ですね。
ちょっとうれしい気持ちになった、そんな夏の日の一日でした。

なんていう今日は何の気ないお話でした~。

【石川エリア 金沢西教室】夏期講習実施中!満員御礼☆m(_ _)m

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

現在学習空間金沢西教室では、夏期講習(前期)を実施中です!
おかげさまで、前期日程はほぼ満員、後期日程はすで定員に達しました。
たくさんの生徒のご参加、誠にありがとうございます!

現在入塾キャンペーンで、7月いっぱいまでのお問い合わせ+入塾いただいた方を対象に
「夏期講習無料」を実施しておりますが、今後のお問い合わせやご入塾があった場合、
通常は昼間に実施の夏期講習を、夜に振り替えて実施させていただく形で
無料の夏期講習としてご案内する場合がございます。
席に限りがある関係ですので、なにとぞご了承よろしくお願いいたしますm(_ _)m
尚、講習で実施する内容は昼にする場合と同じですので、ご安心ください。

さて、夏期講習ですが、みんないい表情をして頑張ってくれていますね。
昼間に3時間の夏期講習を受け、夜は通常の指導を3時間、計6時間勉強していく生徒も多いです。
今まで1時間半の長さでも弱音を吐いていた子が、ウソのように変貌しています!笑

この時間感覚のマヒは、特に受験勉強にはとても必要です!
毎年受験生を長いスパンで見て変化を観察していますが、
例えば中3になって3時間コースで学習を始めたばかりの頃は「長い、長い」と苦しんでいた子も、
入試が近づくにつれて、「3時間が短く感じる!」と言うようになります。

その理由はただ一つ、「やらされる勉強」「やらないといけない勉強」が、
「やりたい勉強」「やるべき勉強」に変わったからです。
誰かに言われたからではなく、自発的に学習と向き合い始めた子は、本当に強いものです。

どんなに良い環境で、どんなに良い先生に、どんなに良い教材を用いて学習したとしても、
やはり勉強をする当人が学習に意欲的でないと、全く結果にはつながりません。
中学生は、部活を引退し受験が現実的になってきた夏ころから、とても変化します。
勉強に対して、自分からやるべきことを考えたり、学習時間を増やすようになります。
この意識と行動の変化が早い生徒ほど、確実に志望校への合格を手にしてくれています。
当然ですね!

一人ひとりの学習への意欲が爆発的に高まるような、そんな刺激に満ち溢れた価値ある時間を、
夏期講習で全ての生徒に提供していきたい思います!

梅雨も明けて、夏らしく蒸し暑い日々が始まりましたね。
今から一ヶ月が正念場です。
みなさん体調管理にはご注意ですよ!
私も気をつけねば!!!!!

【石川エリア 金沢西教室】「想像力」>「学力」

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

いよいよ夏休みに入りましたね!
学校がない期間を利用して、ぜひぜひ充実した時間を過ごしてほしいと思います。

塾を運営している人間がこんなことを言うのもアレですが、
夏休みの期間を利用して、勉強以外の経験を重ねることも本当に大事だと思います。
学校があるときにはなかなかできない経験を、できる貴重なチャンスだからです。

学校や塾で学ぶことなんて、たかが知れています。
そんなこと以上に、若いときにすべきことはたくさんあります。

・やったことのないことにチャレンジする
・行ったことのない場所や見たことのない景色を見て感動する
・誰かと同じ苦労や経験を共にして、思いを共有する
・知らない文化や環境に触れて、刺激を受ける
・普段はあまり話さないような年上の人と将来について話す
・普段読まないような本を読んでみる

子どもの頃にたくさんの多様な刺激を受けると、感受性が豊かな大人になると言われています。
将来何になりたか、何をしたいか、どんな大人になりたいか、の答えは、
若いころに取り入れた知識や経験から、導き出されていきます。
夏休みを利用して、何か1つでも「特別な経験」をしてほしいものです。

ともすれば、「勉強」だけが将来を左右する要因だと捉えてしまいがちかもしれません。
しかし、社会に出て必要とされる能力は、学力よりも「想像力」と言われたりします。
目の前の状況に対して、「どう行動すればよいか」を考える大人には必須の能力です。
言うなれば、「目の前に無いもの」をイメージするチカラですね。

問題解決のために必要なスキルは、学力ではなく「想像力」です。
コミュニケーションスキルを高めるためにも、「想像力」が不可欠です。
新しいアイデアや効果的な手法を考えるためにも、当然「想像力」が必要です。
未来を予想して結果を良い方向に繋げていくスキルも、もちろん「想像力」ですね。

その想像力は、学校で習うものではありません。
経験から学んでいくものです。
若いうちに見聞きした情報や経験が、各々の想像力の基盤になっていきます。

そしてその想像力こそ、絶対にAIには代行できない人間ならではの能力です。

もちろん勉強は頑張ってほしいですね。
夏の勉強は、超・超・超・超大事です!!!
そこはしっかり塾でフォローしていきます!
ですので家では、ぜひ勉強以外の「特別な経験」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか!?

勉強したことをちゃんと将来に活かせる土壌づくりを、夏休みにできると良いですね!

【石川エリア 金沢西教室】夏期講習の定員あとわずか!

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

タイトルの通りですが、夏期講習の定員があとわずかとなりました!
入塾キャンペーンとして新規入塾生徒は夏期講習を無料にさせていただいたこともあり、
多くのお問い合わせをいただきまして、あと数名を持ちまして受付を終了します。

可能であればもっとお招きしたいのですが、教室のキャパ的に限界があるので・・・(^_^;)

もし学習空間の夏期講習の受講をご検討中の方がおられましたら、
どうぞお早めにご相談くださいませ。

【石川エリア 金沢西教室】自立学習のススメ

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

私には、今年小学生になった娘がおります。
学校の勉強についていけるようにと、いろいろと教材を買い与えたりしています。
余計なことなのかもしれませんが、やっぱり心配ですからね・・・。

娘が問題を解いていると、よく「わからないー!」と癇癪を起します笑。
話を聞くと、ろくに問題文も読まずに解こうとしているではありませんか。
まずは自分でしっかり問題文を読んでから取り組むように伝えます。
安易に正解するよう促したり、必要以上のヒントを与えることはしません。
なぜなら、自分で努力して解く余地が、まだ残されているからです。

教えることも大切ですが、教えすぎないことも大切です。

学習空間では「自立学習」を目指して、指導を行っています。
自立学習とは何かというと、先生の力に頼らず自分一人ででも
①わからないことを自分で調べて解決し
②覚えるべきことをちゃんと暗記し
③どんな勉強をすべきか考えることができ
④適切な計画を立てて
⑤自発的に良い勉強に向かえる
という状態です。

もちろん上記はある意味「ゴール」であり、そんな簡単に到達できる境地ではありません。
ただ、できるできないに関わらず、やろうとしているかどうかが、重要なのです。

「自立学習」の反対の言葉があるとすれば、「依存学習」でしょう。
①勉強は、親や先生に言われないとなかなかしない
②わからないことがあると、先生に説明してもらわないと前に進めない
③先生に指示をもらわないと、何を勉強していいかわからない
のような状態です。

こういう状態の中学生は、よくいると思います。
それに困って、塾を探される保護者の方は多いです。
この「依存学習」状態を、「自立学習」状態に変えるのが、我々のミッションです。

さて、「テストの点数が上がらない」「成績が上がらない」の理由は何でしょうか?

例えば、こんな子がいるとします。
「うちの子は勉強のやる気はあるが、どうも教科の内容でわからないことが多い。
わからない部分だけ質問できれば、あとはちゃんと自分で理解・暗記ができる。
学んだことを定着させる演習も、自宅でちゃんと計画的に進められる。
だから週に1回のペースで、先生に付いてもらって教え込んでほしい!」

こういう子であれば、完全に「自立学習」ができています。
点数が上がらない理由があるとすれば、「疑問点の解消不足」でしょう。
塾でわからないところだけ教えてもらえば、すぐに点数は上がると思います。

しかし上記のような状況の生徒は、多くはいないのが現実かと思います。

勉強は、ただわからないことを教えてもらうだけでは、全くもって完了しません。
「塾で教えてもらう」から「テストで点が取れる」までには、実に多くのプロセスがあります。

「教えてもらう」⇒「教わった知識を整理・暗記する」⇒「関連する問題を何度も解いてみる」
⇒「誤答したものを整理し、対策を考える」⇒「後日、類題を再演習して定着度をチェックする」
などです。
これがちゃんとできれば、テストの点数はめちゃくちゃ上がります。
学習空間では、上記を塾でちゃんと生徒にさせていくことを大切にしています。
講師が各生徒の状況を管理し、適切な学習計画を指示していきます。
それを日々繰り返していくと、生徒が自発的に上記の行動を行うようになります。
「依存学習」が「自立学習」に変化する瞬間です!

また、学習空間では自分で解説を読んで理解させるトレーニングを指導に組み込んでいます。
「教えてもらう」に依存せず、自分で読んで理解する力は本当に重要です。
高校や大学に行けば、当然のように要求される能力です。
小学生や中学生のうちからそういったチカラを鍛えていくことも、学習空間の方針です。
解説を全く読もうとせずに、「何もわからんから先生教えて~。」は許しません!笑

もちろん生徒が自力で理解できない場合は教えます。当たり前ですが・・・(^-^;)
学力や理解力ではなく、「自力でわかろうとする行動力」を育んでいくことが目的です。
わからないとすぐに先生に頼ってしまうのではなく、
まずは「自分で解説を読んで考えてみよう!」という意欲を引き出していくことが、
生徒の将来的な自己学習力UPも見据えた、我々の狙いなのです。

良いテストの点数や成績は、然るべき行動があれば、必ずあとからついてくるものです。