【石川エリア 金沢西教室】学習の遅れを取り戻すために必要な学習環境とは

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

ようやく学校が始まり、子どもたちにはいつもの生活が戻りつつあります。
学校の授業も結構なハイペースで進んでいる場合もあるようです。
今日来た小学生の生徒から、算数が1日で2単元がいっきに進んだ、という話も聞きました。
学校の先生も、遅れを取り戻すのに必死なんですよね・・・。

怖いのは、その授業に付いていけなかった場合ですよね。
理解の早い子や、塾でフォローしてもらえる場合はいいですが、
そうでない子は、完全に置き去りにされてしまいそうな気がします。

先生ももちろん本意ではないでしょうが、どうしようもないという状況もわかります。
誰が悪いというわけでもないです。
ただ、やはり子どもが可哀そうなのは間違いありません。
適切にフォローしてもらえる環境を作る役割は、結局は保護者さんに回ってきてしまうと思います。
教材を買い与えたり学習環境を整えたり、場合によっては塾を検討されるご家庭も多いようです。
さすがに放っておくわけにはいかないですからね・・・。

先日お問い合わせいただいたご家庭も、
やはり休校期間での学習の遅れに不安を感じてのご相談でした。
「こういう状況で親ができることは環境だけでも整えてあげること。
コロナによる学習の遅れを子どもの責任にはしたくないので、塾に入れてあげようと
思っている。」とお話しいただきました。

子どもにはまだまだ先を見通す力はありません。
今回の休校期間が生む学習への弊害や問題に危機感を全く感じてない子は多いです。
子どもに気づきを与え、歩むべき道を示し、意識を良い方向に変えてあげるのは、
親・先生・塾講師など、周りの大人の役割であり、使命です。
そして、子どもに然るべき環境を与えてあげることも、重要な大人の任務であると思います。

学習空間では、全身全霊の全力で、子どもたちの学習を後押ししております。
このコロナ明けの学習で誰一人落ちこぼれさせることのないよう手を尽くしてきました。
夏休みまでは、ハイペースで密度の濃い授業の学校生活が続くと思いますが、
学習空間でも引き続き「三密」対策は徹底しつつ、密度の高い学習指導を行っていきます!
適切な距離を取った暑苦しい指導をしますが、我慢してください!笑

もし塾をお探しで学習空間に興味を持たれましたら、ぜひお気軽にご相談ください。
ちなみに塾の定員までは、あと数名となってきました。
地域の皆様のご愛顧に心より感謝申し上げます!
今年も満員の教室を目指します!お早めにどうぞ(^^)

【石川エリア 金沢西教室】「勉強しなさい」と言う前に

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

いよいよ公立高校入試まで1週間を切りました!
学習空間では、毎週日曜日に入試対策講習を実施し、中3生に追い込みをかけています。
さすがにどの生徒も緊張感が高いです・・・、当然ですね。
出願倍率をみると、例年通り桜丘や金沢西は厳しい戦いとなりそうです。
最後まであきらめず、入試本番まで全力で入試対策に尽力してほしいと思います!!

さて、私には小学1年生の娘がいます。
たまに勉強を見てあげるのですが、正直あまり勉強のセンスはなさそうです笑
小学校低学年のうちはなんとか周りについていけても、
高学年くらいからぽつぽつとつまづき始めて、
中学くらいになれば、ちゃんと努力していないと結構苦労しそうな雰囲気です。

自分の子が勉強できないととても心配になるし、焦ります。
焦るからこそ親は弱点を指摘し、勉強を促し、なんとかしようと奔走します。
親心ですね。
そしてその結果、見事「勉強嫌いな子どもの完成」というのが、よくあるパターンです悲
これ、よく言われる話ですけど、本当に切ないですよね・・・。

でも考えてみてください。
例えばある日あなたが、とある行動をするよう命じられるとします。
その行動は何のためにするのか、この先どう役立つのかはよくわかりません。
そしてそれはたいして面白くはなく、そしてなかなかうまくできません。
そのたいして面白く感じない行動について、それをできないこと、間違えてしまうことを、
何度も指摘され、練習されられ、そして実技テストで評価が低いと、がっかりした顔をされます。
・・・けっこうな地獄じゃないですか?笑
そんな経験をしても、その「行動」を嫌いにならないなんてほうが、どうかしています。

勉強の苦手な子どもには、「勉強」は同じように見えているように思います。

ではそういった子にはどんな対応をしてあげればよいでしょうか。
私が教室での学習指導でも、自分の娘に対してでも意識していることを挙げてみます。

①できていないことではなく、できていることに焦点を当てる。なぜできるのかを具体的に尋ねる。
②できないことについて、ネガティブに扱わない。あくまで「これからできるようになること」
③できないことは、こちらから指摘しない。対話の中で自ら言語化させる。
④相手の言葉や気持ちは全て肯定する。否定しない。否定されてやる気が出る人はいない。

もちろん一筋縄ではいかないこともあります。
子どもの性質によって、うまくいったりいかなかったり、簡単ではありません。
しかし、「自己肯定感」は本当に大事です。すべての行動の原動力です。
それを育むことを常に意識して、私は上記4つをとても意識しています。

ちなみに、これらは心理学に基づいたカウンセリング技術でもあり、ちょっと難しいです。
そういった仕事をしていたことがあるため、私は自然にできてい(ると思い)ます。
具体的な対話技術をお知りになりたい方は、お気軽に私までご相談ください(^^)

ちなみにこの技術、うちの娘には通用しません。
技術を駆使して対話をしようとしても途中で逃げ出し、おもちゃを手にして現実逃避を始めます。。。

あ、技術の問題というより私の技量の問題なのか、、、。

【石川エリア 金沢西教室】春のチラシが完成しました!

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

学習空間の春のチラシが完成しました!
春らしいピンク色を基調とした、さわやかな仕上がりになっています。
ちなみにチラシのバックにデザインされている奇妙なキャラクターは、
学習空間オフィシャルキャラクターの「ガックマ」です。
元々は生徒からデザインを募集して、めでたく採用されたオリジナルキャラクターなのです。
来週以降に、金沢情報の折込や各種新聞の折込チラシとして差し込まれる予定です。
裏面には成績アップ情報や塾についての詳細、そして私の顔写真とご挨拶文も・・・!

もしお見掛けされましたら、ぜひご一読ください(^_^;)

学習空間では、新年度に向けて新規生徒を募集しております。
3月までにご入塾いただくと、春期講習を無料で受けていただけます!
「春期講習なんて受けて意味あるの?」と思われた方は、ぜひひとつ前のブログをご参照あれ!笑
⇒https://ishikawa.gakushu-kukan.com/archives/285

講習もそうですが、学習空間には塾生に定員がありますので、
定員に達して満員になりますと募集を締め切っております。

塾をご検討されておられましたら、お早めに一度ご相談くださいませm(_ _)m

【石川エリア 金沢西教室】冬でもアツい冬期講習実施中!

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

本日より、学習空間では冬期講習をスタートしました!
学習空間では生徒に合わせて教材の量やレベルを調整し、
その生徒に合った問題演習をがっつりとさせていきます。
やはりたくさんの問題に触れて、一つを理解していくことが、
成績アップには何よりも大切ですね!

特に中学3年生においては今からが追い込みの時期です。
講習を通じて、しっかり課題点の克服と、得点源の開拓を進めていきます!
そろそろ過去問の分析も丁寧に行っていくべき時期です。
みんな高い意欲で取り組んでくれているので、こちらも指導にチカラが入ります(^-^)
初日から、通常指導と合わせて6時間以上取り組んでくれている子も何名かいました。
みなさん、一緒に頑張っていきましょうね!!

【石川エリア 金沢西教室】5教科のテスト対策の極意を教えます!

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

いよいよ各中学校では、期末テストまで1週間を切りました。
学習空間の生徒も、毎日のように塾に来て対策を進めております。
良い年末を迎えるためにも、絶対にここではコケたくないですからね!!!
今年一番の頑張りを是非見せてほしいと思います。

さて、テスト勉強と一言に言っても、教科によって意識することは異なります。
とりあえず「学校のワークを進めよう」とは、誰もがなると思いますが、
ワークが一通り済んだら次に何をしたらよいかわからない、という生徒は少なくありません。

しかし点数をあげるために大事なのは、ワークを済んでから、次に何をするかなのです。
教科ごとに、意識すべきことを簡単に紹介します。

●英語
・テスト範囲の単語を覚えなおす。英語から日本語、日本語から英語を全てかけるようにしておく。
・ワークで誤答した文法事項について、なぜその表現になるかをノートに整理する。
・教科書の本文を読み返し、重要表現を含んだ一文は全て英作文できるか確認する。

●数学
・ワークで誤答した問題は、見たら解法がすぐに頭に浮かぶようになるまで何度も解きなおす。
・教科書に載っている問題も、隅々まで解いておく。
・ワークの問題が全て解けるようになったら、別教材で応用力をつけていく。

●理科
・ワークの問題は、全て解ける状態にする。重要語句はしっかりノートに整理して暗記する。
・実験について、その目的や意義などをノートに整理し、説明できるレベルまで理解する。

●社会
・まずは、ワークにある問題なら全て覚えている状態を作る。覚えれていない語句はひたすら暗記。
・覚えた知識を自分なりにカテゴリーに分けて整理し、バラバラの語句を体系的にまとめていく。
⇒個々の知識をノートに整理しながら紐づけしていくことで、初見の問題に対する応用力が高まる。

●国語
・ワークの問題で問われている箇所をしっかりチェックし、設問の答えも覚えておく。
・教科書とノートをしっかり読み返して、話の流れや内容を詳細に頭に入れておく。
・覚えがあやふやな漢字や文法はノートに一覧にして、簡単に見返せるようにしておく。

ざっと書き出しましたが、これではざっくり過ぎてわかりにくいかもですね苦笑
なぜそうべきかという理由や、具体的な方法は、いつも塾で生徒にクドクドと話しております。
これが完璧にできれば確実に高い点数に繋がります!
とはいえ、限られた時間でどこまで仕上げられるかは、生徒の状況によっても変わります。
そしてなかなか自分の勉強の仕方を変えられない子も少なくありません。
理想を言われてもなかなかすぐに変化を起こせないのは、大人でも同じです。

まずは自分のしている勉強を見つめなおし、改善ポイントを意識して探してみて、
少しでも行動してみることが大事です。
三日坊主でも中途半端でも構いません。やらないより100倍マシです。

何かしらでも行動を変えれば、必ず結果も変化するのです。

【石川エリア 金沢西教室】夏期講習の定員あとわずか!

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

タイトルの通りですが、夏期講習の定員があとわずかとなりました!
入塾キャンペーンとして新規入塾生徒は夏期講習を無料にさせていただいたこともあり、
多くのお問い合わせをいただきまして、あと数名を持ちまして受付を終了します。

可能であればもっとお招きしたいのですが、教室のキャパ的に限界があるので・・・(^_^;)

もし学習空間の夏期講習の受講をご検討中の方がおられましたら、
どうぞお早めにご相談くださいませ。

【石川エリア 金沢西教室】期末テストに向けて!

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

早いもので、来週になれば中学校の期末テストまで残り2週間となります。
つい最近中間テストが終わったばかりのような感覚ですが、
この時期の定期テストのスパンは非常に短いですね(^_^;)

学習空間の生徒たちには、もちろん既に期末テストを意識したカリキュラムで指導を進めています。
学習空間にとってテスト対策は、3週間前からが勝負です。
2週間前になるまでにどの程度テスト範囲になる内容を理解して、ワークを進めておくか。
その仕上がり具合で、ある程度のテスト本番の着地点は見えてきます。
2週間前の時点で自分の「課題点」がわかっている子は強いです。
その日から2週間もの時間をかけて、じっくり対策をしていけるからです。
だから、3週間前の段階で、いかに計画的に復習とワーク演習をしておくかが重要なのです。
学習空間では、その状況を細かく管理します。

テストで点を取るために一番必要なのは、「教えてもらうこと」ではありません。
早い段階で課題点を明確にして、十分な演習を積むことこそ必要です。
勉強の内容を理解することと、テストで点が取れることは全く異なります。

例えばマラソンの監督に、タイムを縮める走り方をいくら教えられたところで、
本番までに、アドバイスに即した練習を十分に積んでいなければ、
良い結果にはつながらないのと同じです。

学習空間では、わからないことを教えるのは当然ですが、
それ以上に「計画的な演習の管理」をすることを重要視しています。
計画的に学校の復習をさせていれば、不思議と「わからないこと」は減るんですね。
だからテスト前に「理解する」「覚える」に専念できます。

テストで点を取るためには、テスト前に慌てて詰め込むのではなく、
普段から計画的に復習と演習を行う習慣がとても大切なのです。

それを部活やスポーツに置き換えて考えれば、当然のことなんですけどね・・・(^∀^;)

【石川エリア 金沢西教室】「できない」から「やらない」?

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

中学校の中間テストの結果もほぼほぼ出そろいました。
今のところ、在籍している生徒はみんな例外なく点数アップしてくれています!
中には5教科で100点以上上がった子も何人かいます!!
・・・しかしこれは上がったことをほめるべきか、前回が悪すぎたととらえるべきか・・・(@_@;)笑
いずれにしても、やるべきことをしっかりやることで結果を出してくれました。
今後はそれを当たり前として、決して下がることはないように頑張っていってほしいものです。

さて、話は変わって私には4歳の息子がいます。
彼が最近、自転車に乗れるようになりました!!
何度もコケてピーピー泣いていたのが嘘のような、軽快な乗りこなしっぷり!
うれしいと同時に、もう「自転車に乗る練習」を一緒にできない寂しさも感じます・・・。

彼と自転車を練習しているときに、こんなことがありました。
乗ろうとして何度もコケて泣き出す息子。
「できない!だからもうやらない!」と叫んで逃亡!笑

誰でも、できないと面白くないし、やりたくなくなります。大人でもそうでしょう。
子どもが勉強に苦手意識をもったり、敬遠しがちになる理由も同様です。
「できない」⇒「面白くない」⇒「やりたくない」⇒「やらない」ですね。

そして「やらない」は、また「できない」にループします。
「やらない」から「できない」。

この負のサイクルを変えてあげることが、塾の使命でもあると感じます。
ただし、「できない」ことは何も悪いことではありません。
なぜなら「できない」は原因ではなく、「やらない」ことによる結果だからです。
「できない」ことよりも、「やらない」をなくすほうが、この負のサイクルは止まります。

だから学習空間では、まずやるべきことをきっちりやってもらうことを徹底します。
「間違いなおし」「解説を読む」「わからないところに線を引く」「疑問を質問する」「わかったことをまとめる」「わかったことを口頭で説明させてみる」・・・などなど。

そうすると、「できない」は減ります。確実に減ります。当然ですね。
さらにきっちりとした勉強ができるようになると、自分で解決する力がつきます。
だから少しずつ「できる」⇒「面白い」⇒「やりたい」に変化していくのです。

「できない」は所詮、木でいうところの枯れかけた枝葉にすぎません。
栄養となる光や水が足りてないだけ。
きっちり水と光を得る環境があれば、ちゃんと枝葉は元気になります。
そしてこれから伸びて生えてくる枝葉も、元気なものになります。

枯れかけた葉をただ剪定するのではなく、
自らの力で元気になるための「光や水」を提供できるような
そんな塾でありたいと思います。

ちなみに息子は、逃亡してもすぐに戻ってきて、またチャレンジしていました。
そのチャレンジ精神、大人としても十分見習うべき素晴らしいものだと感じました。(^-^;)

【石川エリア 金沢西教室】1学期中間テストの点数アップ速報!

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

先日各中学校で実施された中間テストの結果が返ってきつつあります。
今のところ、報告をもらっている人は全員前回よりも点数を上げてきてくれています♪
みんなのテスト前の努力の成果が出て、本当にうれしい限りです(T∀T)

一部ですが、特に上がり幅の大きかったものをご紹介します!
●大徳中2年生のIさん
数学・・・1年学年末テストより27点UP!
●大徳中2年生のNさん
英語・・・1年学年末テストより39点UP!
社会・・・1年学年末テストより31点UP!
●大徳中2年生のKくん
英語・・・1年学年末テストより48点UP!
数学・・・1年学年末テストより47点UP!
●金石中2年生のOさん
数学・・・1年学年末テストより31点UP!
●大徳中3年生のSくん
数学・・・2年学年末テストより30点UP!
●大徳中3年生のYさん
数学・・・2年学年末テストより39点UP!

前回が学年末テストで比較的点が取りにくいテストだったからかもしれませんし、
まだ塾に入る前の点数との比較ではありますが、
それにしても今回の点の上がり幅は皆さんなかなかのものです・・・(^_^;)
しっかりテスト対策を頑張ったからこその成果ですね!

今の段階で報告を受けている子についてはみんな少なからず得点UPしてくれたのですが、
中でも特に点数が大きく伸びた人には共通点があります。

それはやはりこちらの指示通りにしっかり演習を繰り返してくれていることです。
同じ問題を何度も何度も解いてもらったり、解きなおしを繰り返ししてもらいました。
学校のワークでバツがついた問題は、覚えるまで毎回塾で出題してチェックしました。
要点について講師が口頭で尋ね、ちゃんと答えられるまで何度も質問し続けました。

だから学習したことが、ちゃんと生徒の中に「残る」のです。
勉強が苦手な子には特に、「教える」だけでなく、この「残す」学習指導が大切です。
そのためには、生徒の理解状況や暗記状況を細かく把握し、
適切で的確な演習を指示することがとても重要になってきます。
スポーツのトレーナーが、アスリートのトレーニングメニューを管理することと同じですね。
何を教えるか以上に、そのあとどう練習して身に着けさせるかの方がはるかに大事なのです。

これが私たち学習空間の強みである「学習管理」です。

そしてこの講師による学習管理がやがて必要ではなくなり、
言われなくてもちゃんと自分で的確に自分の学習管理ができる子を育成することが、
学習空間が目指す一つのゴールでもあります。(^-^)d”

【石川エリア 金沢西教室】日曜講習実施しました♪

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

本日、テスト対策日曜特別講習を実施しました!
ほとんどの中学生が朝早くから来塾してくれて、テスト対策に励んでくれました(^o^)
みんな本当に意欲的に頑張ってくれています。

大徳中は明日がテスト、みんな頑張ってきてね!