学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

金沢市の統一テストがいよいよ来週の金曜に迫ってきました。
受験校を左右する大事なテストですね!
学習空間でも、中学3年生は毎日のようにテストに向けて対策を行っております。
模試や実力テストと同様に、とても範囲の広いテストなので、対策も簡単ではありません。
どこをどう勉強したらいいかわからず、闇雲な学習になりそうになる子も多いです。

しかし、勉強には戦略が何より重要!
勝つためには漠然と量をこなすのではなく、攻め方をちゃんと見定めることが大事です。

そのために、私はよく「守備範囲を広げろ」という表現で生徒にアドバイスします。
教科の勉強においては、広く浅い学習よりも、狭く深い学習の方が大切です。
あれこれと単元を変えながら表面的な復習や対策をするよりは、
まずは1つに単元を絞って、深いところまで徹底的に学習しなおす方が効果的です。

テストでは「知っている」では問題は解けません。
「覚えている」「解ける」のレベルまで学習を進めておく必要があります。
そのためには、やはり深く細かい部分まで覚えなおす学習と、
出題パターンが変わっても応用できるレベルになるための演習が不可欠なのです。

球が飛んで来たら、確実にキャッチできる範囲を広げるのが、「守備範囲を広げろ」の意味です。
これをしっかり行えば、短期間で得点UPすることも可能になります。

学習空間では、生徒一人一人が学習している内容は全く違います。
教材もペースもレベルも範囲も、何もかもバラバラの個別対応です。
その生徒が点数アップするために、最も適切なカリキュラムを与えて、指導を行います。
その進捗を細かく管理できるのが、学習空間の強みでもあるのです!
そのため、中3の各生徒が統一テストに向けて鍛えている守備範囲もバラバラです。
生徒の向き不向きやこれまでの学習傾向を最大限に加味して、学習内容を調整しています。

あまりにバラバラなので、たまに他の生徒の内容と混乱してしまうこともあります!笑
でももちろんほとんど覚えてますよ。
何が苦手か、どこでいつも間違うか、どこは以前できていたか、得意なところは何か、
何を理解しているか、どんな分野が好きか、どんな説明の仕方をすれば理解が早いか、
などなど。
そこはけっこう自信あります。( ̄▽ ̄)b

でも最後に必要なのは、やはり生徒自身の高い意欲と行動力ですね。
それ無しでは、やはりどんなにこちらがうまくアプローチしても効果が出にくいです。
生徒自身の意識と行動が本質的に変化すれば、学力は面白いくらい変化します。
当たり前ですね。

さぁ、金沢市統一テストまであと1週間!(も無いけど)
悔い無き結果になるように、全力疾走で当日まで頑張りましょう!
私も生徒に負けないように全力疾走で、熱き指導に尽力していきますよん!