入試対策

【石川エリア 金沢西教室】「伸ばす」前に「枯らさない」

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

4歳の息子が、時々ひらがなの練習を嫌がります。
強制するつもりはないのですが、本人の意思をくんで始めた、文字の「おべんきょう」。
やるなら毎日の習慣にさせようと仕向けているのですが、嫌がる日もあるようです。
さてこの場合、「決めたことなのでちゃんとやらせる」のと、
「嫌がるなら無理にはさせない」のと、どちらが正解なのでしょうか。

それともやはり、「やる気になるように仕向ける」が本当の正解でしょうか。

人をやる気にさせるというのは、簡単なことではありません。
小さな子であればモノで釣って動かすこともできるかもしれませんが、
成長していくとなかなかそううまくはいかなくなってきます。
特に勉強となれば、苦手意識の強い子ほど、簡単にはやる気にはならないでしょう。
勉強自体は苦手でなくとも、苦手分野の勉強を避けてしまう子も多いと思います。

塾でも、やる気を持ちきれない生徒に、行動を促す瞬間は多々あります。
しかし、これはやはり難しいことです。
こうすればいいという正解がありません。
ですので、色々な話をしながらコミュニケーションを図り、変化を促していきます。

なんとかやる気を出させてやろうと、様々な球を生徒に投げてみながら日々立ち向かうのですが、
やる気を出させる上で、一番気を付けていることがあります。
それは、「やる気の下がるようなアプローチをしない」ということです。

ものすごく当たり前のようで、実は難しいこのポイント。
やる気を出させようと手をかければかけるほど、実はやる気を削いでいることって、
けっこうよくあるんです。

その一つの例が、「親子間」ですね!(^_^;)

特に中学生にもなれば、子どもは親を敵視することもありますからね!笑
親が子に勉強の話題を振るだけでやる気を削いでしまうこともあるかもしれません。
子どもが勉強を敬遠するのは、実は親が原因、というのはよくある話のようです。。。
ものすごく悲しい現実ですが・・・(T_T;)

そんなとき私はよく、「親は褒めることだけしてください。」という話をします。
正直なところ、親に厳しく言われてやる気になる中学生なんて、ほぼいないと思います。
むしろやる気をなくしてしまう場合のほうがはるかに多いです。
であれば、もはや何も言わないか、良い部分だけを褒めてあげるほうが、まだマシですね。
「やる気の下がるようなアプローチをしない」とは、まさにこれです。

もちろん、塾ではちゃんと言うべきことを言いますよ!
人は、「何を言われるか」よりも、「誰に言われるか」を重視する傾向があります。
夫からダイエットを勧められるよりも、医者から勧められた場合のほうが、
「やろうかな」となりやすいのと同じですね!(多分・・・笑)
勉強に関しては、親から言われるよりも先生から言われる方が、子どもには響きます。
それをしっかり伝える中で、やる気を削ぐようなアプローチにならないよう注意するわけです。

勉強に対しては、生徒各々が様々な思いを秘めて取り組んでいます。
だから、やる気を出させるためには、まずは下げるようなことをしないのは大前提です。
そして最終的には、自分からやる気は高めてもらわないと、どうしようもありません。
そのために、気持ちに変化の起こる情報を、プロの塾講師として与えていきます。
小さな芽を「伸ばす」前に、まずは「枯らさない」技術が重要だと感じます。
然るべき環境と状況が整えば、芽は自ずと伸びていくことができるのです。

さて、ひらがなの練習を嫌がる4歳の息子に取った私の行動ですが、
①少しでも良くできたところを大げさに褒めまくり
②「次の字も書けたらビックリするなー」とあおって楽しませ
③うまくできたらご褒美に「変な顔のおじさん」の絵を描いてあげたら
とても楽しそうに取り組んでくれました。(^-^)

中学生にもこの技が効けばいいのになぁ・・・(°_°)

【石川エリア 金沢西教室】人を動かすのは「言葉」ではなく・・・

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

暑い日が続きますね!
夏真っ盛りと言ったところです。

先日、家族を連れて海に行ってきました。
久しぶりの海水浴でしたが、子どもたちとはしゃいで、とても楽しめました!
しかし不覚にも体の一部に日焼け止めを塗り忘れたため、真っ赤&ヒリヒリしております・・・。
数年前までは日焼けなんて一切気にせず、豪快に焼きまくっていましたが、
最近は肌に加齢を感じ始めて、ケアを欠かさないようにしています・・・。
もういい年なので・・・笑

さて、ウチの子どもたちも夏休みなので、必然的に普段より親と関わる時間が増えます。
宿題にしっかり取り組ませるとか、ルールを守らせるとか、実に大変ですね。
私が自宅の2階にいると、よく1階から妻の怒号が聞こえてきます笑。
小学生の子がいるご家庭は、「夏休みなんてなければ・・・」と思うかもしれませんね!

しかしこの夏休みの時間って、子どもの人間性の育成において、とても貴重な期間だと感じます。
魅力的な体験や経験をするチャンスがたくさんあるからです!
少し前にも似たようなことをブログで書きましたけどね・・・!

【石川エリア 金沢西教室】「想像力」>「学力」

子どもって、誰かにやらされたことは、ほぼほぼ好きにならないそうです。
「自ら興味を持つ」ことが、物事を好きになるための大前提なのだとか。
よく聞きますよね、「勉強しろ」と言われて育った子が勉強嫌いになり、
たはまた全く勉強のことを言わない親の子が、東大に進学したり・・・。
なんとも親としては切ない話ではありますが・・・(^_^;)

夏休みは、いろいろな興味を発掘する良い機会がたくさんあるように思います。
かくいう私も、できるだけいろんな経験をさせたいと、休みの日の作戦を立てたりします。
大切なのは、「親がさせる」という状況にするのではなく、
「親がきっかけや環境を作る」というところだと思います。
そして与えた興味について、親がどういう距離感で寄り添うかが一番大切です。

勉強に対して厳しい親の子どもが、勉強をしっかりするようになったという事例もあります。
しかしそういう家庭には、然るべき「学習環境」と、親ぐるみで厳しく律せられた「文化」と、
親が子どもに発している言葉に対しての「合理的な親の背中」があるようです。
例えば、読書をしない親が子どもに「本を読め!」なんて言っても、全く説得力がないわけです。
結局のところ、人を動かすのは言葉ではなく、『環境』なのです。

子どもって、実に親の言動を見てますよね。
そして親の行動や反応をみて、自分の行動を決めているんです。
親の子どもへの接し方が、興味にも性格形成にも多大に影響を与えるわけですね。
そんなこんなで子育ての難しさを改めて実感する日々!大変ですね、非常に!
なまじ変な教育観を持っているもんだから、なおのことややこしくなる私の頭の中です。

とりあえず、楽しく勉強と読書をする背中だけは、頑張って見せ続けていこうと思います!
なんか今回のブログはとっ散らかって、うまくまとまりませんでした!笑

夏期講習後期日程実施中!
教室が超満員で暑苦しいです!笑
されど、生徒の熱い気持ちには負けません!
引き続きガンガン指導していきますヨ!!(^-^)q

【石川エリア 金沢西教室】1学期期末テストの点数アップ速報!

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

期末テストの結果が続々と返ってきています。
今回もみんな本当に頑張ってくれました!!
部活の大会で忙しい時期でしたが、
疲れていてもちゃんと切り替えながら勉強に取り組んでくれていました。

一部ですが、生徒たちの頑張りと変化をご紹介します。

●大徳中1年生のMさん
英語・・・前回のテストより28点UP!
●大徳中2年生のIさん
数学・・・入塾前より25点UP!
●大徳中2年生のNさん
英語・・・入塾前より25点UP!
●大徳中2年生のSさん
英語・・・入塾前より26点UP!
社会・・・入塾前より40点UP!
●大徳中2年生のOさん
英語・・・前回のテストより19点UP!
●金石中2年生のOさん
数学・・・入塾前より32点UP!
●大徳中3年生のYさん
社会・・・入塾前より22点UP!
●緑中3年生のTさん
数学・・・前回のテストより37点UP!

春に入塾してくれた子は前回の中間テストでグッと上がったため、
今回は目覚ましい点数の変化があった生徒は少ないものの、
ちゃんと前回上げられた点数をキープ、またはそれ以上の点数を
ほとんどの生徒が取ってきてくれました。

ただ、入塾前と比べれば点数は上がっているものの、
前回の中間テストと比べると少し下がってしまった教科のある生徒も一部いました。
そういった生徒は、ほとんどが「ケアレスミス」で多く失点しています。
ミスさえしていなければ、前回よりも点が取れていた、という生徒は多くいました。

よくあるケアレスミス例が、以下の通りです。
・英語⇒ピリオド忘れ、設問内容把握ミス、スペルミス、代名詞間違い
・数学⇒符号ミス、計算ミス、式の書き間違い、設問内容把握ミス
・理科社会⇒漢字間違い、設問内容把握ミス、解答が不完全

上記は本当によくあります。塾での指導中にこちらから何度も注意しています。
こちらが少し指摘すれば、ほとんどのミスには生徒自ら気づき、修正できます。
ですので、ちゃんと間違いに気付けるレベルまで学習が至っているわけです。
だからこそ、テスト本番で同じミスをしてしまうのは、私とても悔しい限りです。

周りの子が解けないような難しい問題を解いて点数を上げることは必要です。
しかし、せっかくそういったところで得点できても、
本来得点できるはずだった部分をたくさん失点していては元も子もありません。

難しい問題に時間をかけて挑戦するよりも、
解ける問題を確実に正答するために、時間を割いてミスをチェックすることのほうが、
はるかに重要だと思います。

ミスは絶対にゼロにできます。
それだけで何10点もプラスになると思えば、力を注ぐべきなのです。
そしてそれは、テストのときだけでなく、普段の学習のときから意識する必要があります。

普段できないことをテストのときだけできるなんてことは、ありえません。
「ミスをしないクセ」を普段からつけておくことは、
定期テストではもちろん、ゆくゆくは入試で確実にプラスに働きます。

今回悔しくもミスによって点数UPの機会を失ってしまった生徒には、
日々の指導の中で今まで以上にミスに対する高い危機意識を促していきたいと思います。