テスト対策

【石川エリア】やる気にさせるこどもとの関わり方

学習空間金沢西教室と金沢野々市教室の教室長の成田です!

こどもをやる気にさせるって難しいですよね。
私には小学生の娘と息子がいますが、こども達の扱いに妻は苦慮しているようです。
遊びに行く前に宿題をさせたいのに言うことを聞かず出ていってしまったり、
明日の学校の準備をしていないのにいつまでもテレビを見続けたり・・・。

世のほとんどの親御さん(特にお母さん?)は、こういったことに苦労されていると思います。
こどもと過ごす時間が長いからこそ、立ちはだかる問題ですね。

こどもをやる気にさせるためには、まず「やる気をそがない」ことが重要です。
例えば、親がこどもに「勉強しろ」と言いうと、まず間違いなくやる気は下がります。
これは至極当然のことなのですが、それでもつい言ってしまうパターンは多いですね。

「勉強しなさい」という発言は、上の立場の人間が下の立場の人間に下す『命令』です。
言われて気持ちいいものではないですね。
これを言われて素直に勉強するこどもは、よほど精神的に幼いか、
言い争うのが面倒なので勉強するフリをしているかのどちらかです笑。

夫が妻に「仕事に行きなさい」と言われるようなものです。
妻が夫に「夕食を作りなさい」と言われるようなものです。
こんなこと言われたら、やる気が下がりませんか?笑

親は自分のこどもを管理監督する責任があるので、どうしても上から目線になってしまいがちです。
そして親の理想をこどもに当てはめて、思い通りに動かそうとしてしまいがちです。
こどもが小学校低学年のうちはなんとか指示命令で行動をコントロールできても、
学年が上がるにつれてだんだんコントロールが効かなくなり、反発も増え、イライラも増え、
思春期への突入で完全にコントロール不能になり、ケンカが増える、、、
というのはとてもよく耳にする家庭環境です。

やる気をそがない声かけをするために意識することとして、2つのポイントがあると思います。
①上から目線で話さない
②指示命令でこどもを動かそうとしない

例えばこどもが思春期に突入し、反抗期になれば、上記①②の対応は完全に裏目に出ます。
だって私もそうでしたから・・・笑
親の言うことに対して、全て逆のことをしてやろう、くらいの反抗精神だったと思います。
「偉そうに俺に命令するな、俺は俺のやり方でやっていくんだ。」なんて思ってましたね。
親からすれば、何を生意気な・・・と、怒りと呆れを通り越して、笑えてさえきそうです。

でもこれが精神的な発達の過程で重要な時期であると言われます。
自分の考えを尊重し、自分の立場を客観視し、
自分がどう周りに振舞うかを強く意識する、大事な時期です。
その過程を経て、やがていかに自分が周りに支えられているかに気づき、
家族を含む社会全体と調和して生きていく作法を学び、身に着けていくのです。

話が大きくそれてしまいました・・・。

学習空間では、やる気を出してもらうためには、上記①②をとても大事にします。
先生と生徒に上下関係はありません。
先生と生徒は協力関係です。
一緒に頑張ろうというスタンスで、いつも生徒指導を行っています。

生徒との協力関係が浸透すると、生徒は積極的に先生を頼ってくれるようになります。
そういった生徒は、ほぼ100%成績が上がります。
一方で、勉強に対して常に受け身で、先生に言われたことだけすればいいという生徒もいます。
こういった生徒の成績はほとんど変化しません。
最終的に成績に変化を与える要素は、やはり能動的な生徒の行動に他ならないのです。

家庭でも、親子は上下関係ではなく協力関係でありたいですね。
どうしても親は子を「管理」したくなるものです。
こどもはいろいろと無知だからこそ、親が誘導してあげなくてはと感じるのは当然です。
ただ「誘導」が「指示命令」に変容すると、いろいろとうまくいかないこともあるようです。

やる気をそぎそうな上から目線の発言はなるべく控え、
こどもの視点をくみ取り、こどもと同じ目線で対話をする機会を増やしていくことが、
やる気を出させる第一歩ではないかと思います。

ちなみに荒れに荒れていた思春期の私も、父親の前ではおとなしいものでした。
体重100キロで柔道経験者の父親だったもので、さすがに命は惜しかったのです笑

「反抗期のこどもに一番効くのは、怖い父親」、が私の(多分正しくない)持論です(^^;)

<学習空間 石川エリアホームページ>

<金沢野々市教室ページ>

<ご面談・無料体験について>

【石川エリア 金沢西教室】1学期中間テストの点数アップ速報!

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

5月に実施された中間テストでは、ほとんどの生徒が点数アップを実現できました!!
ブログとしては久しぶりですが、みんなの頑張りを称えるため、
久しぶりに点数アップ情報を掲載します!
一部、点数爆上がりの生徒に注目です!笑

●大徳中2年生のHさん
⇒5教科合計で475点!!!!

●大徳中2年生のTさん
⇒数学・・・入塾前より36点UP!
⇒5教科合計では、87点UP!

●大徳中2年生のKさん
⇒数学・・・入塾前より35点UP!

●長田中2年生のKさん
⇒数学・・・入塾前より53点UPでなんと95点!
⇒理科・・・入塾前より25点UP!

●大徳中3年生のTさん
⇒5教科で入塾前よりも160点UP!

●大徳中3年生のSさん
⇒英語・・・入塾前より43点UP!
⇒数学・・・入塾前より52点UP!
⇒5教科で入塾前よりも130点UP!

●大徳中3年生のYさん
⇒英語・・・入塾前より30点UP!

●金石中3年生のOさん
⇒5教科で自身過去最高の461点!

●長田中3年生のIさん
⇒数学・・・100点!!!!

1学期の中間テストは、比較的点数が取りやすいとは言われていますが、
それを踏まえても皆さんよく頑張ってくれました。

テスト前は日曜も特別補習などを実施して対策を行いました。
ちゃんと参加してくれた生徒は、確実に点数を伸ばすことができていましたね!
これに気を抜かず、期末テストでも更なる点数アップを実現していってほしいと思います。

学習空間では一人ひとりの学習状況を鑑みながら、テスト対策学習の指示を出していきます。
テスト勉強で大事なことは、教えてもらうこと以上にしっかりとワークを繰り返すことです。
繰り返すことで自分の課題点が見えてきて、やっと点数アップにつながる「疑問」が見えてきます。
その学習マネジメントを、生徒一人ひとりの学力や特性に合わせて行っていきます。

なので、ちゃんと指示通りに学習を進めることができた生徒は、まず間違いなく点数はアップします。
まぁプリント出しまくるのでイヤな顔をされることもありますけどね・・・苦笑

次回は期末テスト。
またたくさん点数アップ生徒を紹介できるように、今からしっかり指導を進めていきたいと思います!

【石川エリア 金沢西教室】2021年度 志望校合格者たちの声のご紹介(その③)

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

さてさて前回と前々回に引き続き、今年の春の志望校合格者の声を掲載します!

————————————————————————————————————
⑦Kくん(金石中学卒)
市立工業高校(電子情報)に進学

◆志望校合格体験記
まずは苦手な部分を見つけ出すために、プリントや新研究を使って広い範囲を復習しました。そこで見つけた苦手部分を、塾でプリントをもらって対策しました。これによってかなりの苦手な問題をできる問題にすることができました。家庭学習でも塾でもらったプリントを解き、課題点が見つかったらまた塾で同じプリントや類題をもらったりして勉強しました。わからない問題は塾で質問をしたり、解説をじっくり読んで、時間がたってから解きなおしたりしました。忘れてしまいそうな部分は、ノートにメモしたりして、いつでも見返せるようにしていました。そして志望校に合格することができました。

◆学習空間に通って良かった点
わからない問題をすぐに質問できること。苦手意識のある範囲や問題の類題をたくさん出してくれて繰り返し練習できること。気が緩んだ時期もあったが、先生が真剣に向き合ってくれて話をしてくれたこと。

<講師より>
寡黙に質の高い良い勉強をコツコツ進めるKくん。丁寧な反面、手を動かすペースがやや遅いので心配に感じたこともありましたが、やった内容をしっかりインプットできているので、結果的に効率良くできていることにこちらが驚かされました。それでも効率アップは今後の課題ではあると思うので、ぜひ高校でさらなる成長を期待したいと思います!

写真

————————————————————————————————————

⑧Nさん(大徳中学卒)
金沢龍谷高校(特進SG)に進学

◆志望校合格体験記
①予習と復習のプリントが中心。予習はわかりやすい説明のついたプリント、復習は生徒ごとの苦手に合わせたプリントを進める。
②テスト前はワークや塾のプリントを繰り返す。テスト後は先生と反省点を振り返り、間違い直しをしていく。
③入試前は私立入試、公立入試に合わせて、対策プリントを塾でもらって進めていく。

◆学習空間に通って良かった点
どんな疑問でも基礎的なものから難しいものまで、1つ1つ丁寧に分かるまで教えてくれること。自分に合った勉強法を先生が一緒に考えてくれること。テスト前は2週間前から毎日塾に通うことができ、伸ばしたい部分を伸ばすことができること。先生と話しているととても楽しいこと。

<講師より>
部活で忙しい中で、疲れた様子を見せることは少なくありませんでしたが、それでもいつも休むことなく塾に通ってくれていました。入試が近づき不安な様子を見せることもありましたが、それをはねのけるくらい塾でも家でも勉強と向き合ってくれていたように思います。帰り際のNさんのほのぼのとした雑談にはいつも癒されていた成田でした~。

写真

————————————————————————————————————

⑨Mさん(大徳中学卒)
伏見高校に進学

◆志望校合格体験記
2年生のときに学習空間に入塾して、苦手な数学の指導をしてもらいました。1年生のときよりも成績があがりうれしかったです。3年では数学に加えて英語も指導してもらいました。英語はそれまで苦手だったけれど、だんだん点数が上がっていき、苦手な数学をカバーできるようになりました。家でも1,2年生のときよりもたくさん勉強するようになり、合格することができました。

◆学習空間に通って良かった点
数学の苦手なところを克服できたこと。入試本番でもそれまでの模試より良い点数が取れたこと。自分のレベルや苦手に合わせて先生がいろいろなプリントを出してくれること。進路の相談にも乗ってくれること。

<講師より>
志望校についてよく相談してくれたMさん。結果的に納得のいく進路選択ができて本当に良かったです。Mさんは数学のケアレスミスにとても苦しめられていました。そしてそんな彼女にどうしたらミスをさせないようにできるかの指導方法を考えることに、私も苦しんでいました(笑)。最終的にはほとんどミスをしない状態まで成長することができていたので、互いの努力の結果ということにしといてほしいと思います!(笑)

写真

————————————————————————————————————
今年も一部ではありますが、合格者の声をお届けしました。
みんなの声に目を通していてまず最初に思うことは、毎年同じ。

「成長したなぁ~」です。

各々の生徒の入塾当初の様子を思い返せば、塾での学習を通してどれほど成長したかがよくわかります。
入塾前は、学習習慣がなかったり、解説を読むことができなかったり、丸付けが雑だったり、
家で勉強できなかったり、疑問をほったらかしにしていたり、、、様々は課題点を皆が持っていました。

それが今や、何も言わなくても理想的な勉強を自ら考えて進めてくれるようになりました。
学習空間での学習を通して身につけることのできた良い勉強の仕方は、今後の人生にも必ず役立つと思います。

今年度もそんな生徒の成長を楽しみにしつつ、精いっぱいの熱い指導に尽力して参りたいと思います。