カリキュラム

【石川エリア 金沢西教室】志望校合格者たちの声のご紹介(後半)

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

前回に続き、昨年度受験をして、見事志望校に合格した生徒たちの声の一部をご紹介します。
最後に各生徒について、私のコメントも添えております。
ごく一部のご紹介ではありますが、学習空間での彼らの受験までの頑張りをご覧ください。

————————————————————————————————————
④Kくん(大徳中学卒)
金沢西高校に進学

◆志望校合格体験記
1年生から2年生にかけて勉強時間が少なくなり、テストの点数も下がっていました。このままではまずいと思い、3年生になってから通い始めたのが学習空間でした。3年生になってからは勉強が難しくなり、塾なしでは一つ一つの問題を理解しながら勉強するのが難しくなっていました。受験勉強は、模試を受けたりすることで自分の実力を確認しながら進めていきました。模試では厳しい判定が続き、志望校を変えるか変えないかでよく悩みました。悩んでいた時によく成田先生が励ましてくれたことで、あきらめずその困難を乗り越えることができ、なんとか志望校に合格することができました。

◆学習空間に通って良かった点
・自分のペースでちゃんと理解しながら勉強を進めることができる
・好きな勉強内容と苦手な勉強内容をバランスよく学習できる
・わからないことを理解できるまで先生が教えてくれた

⇒自他ともに認めるほど、勉強に対してやる気の低かったKくん。最初はなんとなく塾に来ていた感じでしたが、徐々に焦りが見え始めてから大きく変化してくれました。追い込まれてからの変化ではあったものの、月曜から土曜まで毎日ほとんど休むことなく塾に通い、やるべき勉強をひとつ一つ丁寧にこなしてくれました。英語が苦手でしたが、リスニングの練習を自発的に繰り返してくれたことで、入試における重要な得点源にまで伸ばすことができました。質問も多く、いつも粘り強く問題と向き合っていた姿が印象的でした。意識が変われば結果も変わることを示してくれた生徒でした。

写真

————————————————————————————————————
⑤Sくん(大徳中学卒)
金沢市立工業高校(建築科)に進学

◆志望校合格体験記
3年生になって高校のことを考えるようになり、このままじゃ行きたい高校に合格できないと思い、学習空間に入ることを決めました。塾に通うのは初めてで不安や心配が多かったけど、自分に合った学習内容で勉強できることから、すぐに学習空間の雰囲気になれることができました。学習空間では夏期講習で5教科の基礎をしっかり学べたことで、得意な部分を伸ばす勉強と、苦手部分を補う勉強をしながら冬期講習までの間学習を進めることができました。受験までの学習の見通しを持てたことで、勉強に対するモチベーションも上がっていきました。入試当日のコンディションは良くはなかったけれど、最後まであきらめずに頑張ることができました。

◆学習空間に通って良かった点
塾に通うのが初めてで不安なことがたくさんあったけれど、教室に入るとすでに勉強のしやすい雰囲気ができていて、学校帰りに疲れていても塾に行こうと思える気持ちがだんだんと大きくなっていき、モチベーションも上がり、自分から勉強しようと思えるようになりました。学習空間に通っていなかったら、ここまでやる気は上がらなかったと思います。成田先生はわからないところがあったら、わかるまで言葉を変えたりして説明してくれて、時には勉強する内容の範囲外のことを質問してもわざわざ調べてくれて、本当にすごい先生だと思いました。何を勉強すればいいかわからなかった僕が志望校に合格できたのは、間違いなく先生のおかげです。1年間ありがとうございました。

⇒いつも丁寧な勉強をしていた姿が印象的なSくん。こちらの指示やアドバイスをしっかりと聞き、少しずつ確実に実力を積み上げて入試に臨んでくれたと思います。基礎をしっかり固めたことで自分の得意・不得意をちゃんと自覚することができ、その結果、いつの間にか自分の状況や課題点、点数を上げるために何をすべきかなどを、こちらが言わなくても自分でも気づくようになったと感じました。この受験勉強で身に着けた丁寧で確実な勉強の進め方を、高校でもぜひ生かしてほしいと思います。

写真

————————————————————————————————————
⑥Yさん(金沢西高校卒)
佛教大学(歴史学部)に進学

◆志望校合格体験記
私は2年生までは英語が全くできませんでした。3年生になり、周りの友人の状況を見て、いかに自分のレベルが低いかに気づきました。自分なりに努力はしましたがなかなか英語の点数が変化せず、模試で英語が5割を超えることはありませんでした。そこで親と相談し、学習空間に入ることにしました。先生は、英単語だけでなく文法の重要性を話してくれました。文法は苦手でしたが、毎日先生に質問しながら進めることで、なんとか理解できるようになっていきました。3か月ほど勉強続けた結果、模試で今までよりはるかに高い点を取ることができました。その後も順調に点数を伸ばすことができ、センター試験では英語で7割近く得点することができました。点数が伸びず泣きたくなることもありましたが、あきらめずに頑張った結果、志望校に合格することができました。何よりも塾の先生アドバイスが私を大きく成長させてくれたと思います。

◆学習空間に通って良かった点
今まで知らなかった単語の覚え方を知れたことで、効率よく単語力を鍛えることができた。教室の規則がしっかりしていて騒ぐような生徒がいないので、いつも静かで勉強に集中することができた。塾の教材を押し付けるのではなく、学校で使用している教材を使ったカリキュラムを立ててくれたので、自分に合った勉強ができた。成田先生はいつも帰り際に様々なアドバイスをくれるので、とても参考になった。自分の要望に合わせて教材を探して準備してくれるので、すごくありがたかった。

⇒英語が本当に苦手だといつも話していたYさん。入塾したころは確かに語彙力も文法力もかなり弱い状態でした。しかしちゃんとこちらの指示を聞き、カリキュラム通りにしっかりと学習を進めてくれたことで、ちゃんと英語力を伸ばしてくれました。何より語彙力の変化には驚かされました。家でもコツコツ覚える習慣を持てたからこその変化だと感じます。その日の疑問点はちゃんとその日のうちに解決させて先に進むスタンスも、とても理想的な学習の進め方だったと思います。大学でも引き続き英語力を伸ばしていってほしいと思います。

写真

————————————————————————————————————

一部ではありますが、昨年度の志望校合格者たちの声でした!
新天地で、今まで以上に活躍してくれることを心から願います!
またいつでも塾に顔を見せてくださいね!
学習空間の卒業生は、いつでも塾の自習利用はウェルカムですよ!(席に空きがあればね!)
もちろんお金は取りませんからご安心を!笑

【石川エリア 金沢西教室】「春期講習無料!」…でも、受ける意味あるの??

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

学習空間では、現在新規入塾生対象の「春期講習無料キャンペーン」を実施中です。
3月31日までに入塾された方は、春休み期間に実施する春の特別講習に無料でご招待!

でも・・・、春期講習ってわざわざ受けるだけの意味あるの?

そんな声をお聞きすることもあります。

意味は・・・、めちゃくちゃあります。
というか、春の時期にちゃんと復習しておくことにこそ、大きな意味があります。
その大きなポイントをご説明しましょう~!

①『3月は勉強モードがOFF!?』
ほとんどの中学では2月末に学年末テストが終わります。そして3月に突入。
3月はたいして授業が進みません。そしてテストらしいテストもありません。
そうすると、やはり勉強モードがOFFになりがち・・・。
4月の新学期に本格的に授業が始まるまで、一ヶ月半くらいブランクができがち・・・。
この時期の過ごし方は、新学年のスタートに大きく影響します。

②『新学年の勉強についていくための復習』
2年生は1年生の学習内容をベースに、3年生は2年生までの学習内容をベースに、
新しいことを習うことになります。
ということは、前学年の学習内容が不完全だと、授業についていけなくなります。
他の子が8を理解していても、自分は5くらいしか理解できていない、という状況に。
この差が蓄積されて、やがてテストで大きな差を生みます。
春の時期に、前学年の復習を行うことは、新学年で仕切り直して勉強を頑張りたい人にとっては、
とくに重要なミッションだと思います。

③『新学期の授業が始まってしまうと、実は受験勉強ってそんなにできない』
復習を集中的に行える期間って、実は一年のなかで数えるほどしかありません。
そうです、「夏休み」「冬休み」、そして「春休み」。
来年が受験で、受験教材が手元に来て、復習を進めている人は多いと思います。
その復習を重点的に行えるのは、春休みを逃すと、次は夏休みになります。
理想は、1年生で習った範囲までは春休みのうちに復習しておくことです。
そうすると、夏休みは2年生の内容の復習に重きを置くことができます。

実はちゃんと理解しきれていないところ・・・、そのままにしていませんか・・・?
そのまま新学年になって、大丈夫ですか・・・?(^_^;)

学習空間では、生徒のレベルや状況に合わせた春期講習のカリキュラムを組んで、学習します。
そして新学期にスムーズに授業の内容を理解できる流れを作っていきます。
(生徒のレベルによっては、講習で予習を行うこともあります。)

充実した3月~4月を過ごしたい方は、学習空間までお気軽にご相談ください(^o^)
https://gakushu-kukan.com/

【石川エリア 金沢西教室】金沢市統一テスト間近!短期間で得点UPのカギとは?

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

金沢市の統一テストがいよいよ来週の金曜に迫ってきました。
受験校を左右する大事なテストですね!
学習空間でも、中学3年生は毎日のようにテストに向けて対策を行っております。
模試や実力テストと同様に、とても範囲の広いテストなので、対策も簡単ではありません。
どこをどう勉強したらいいかわからず、闇雲な学習になりそうになる子も多いです。

しかし、勉強には戦略が何より重要!
勝つためには漠然と量をこなすのではなく、攻め方をちゃんと見定めることが大事です。

そのために、私はよく「守備範囲を広げろ」という表現で生徒にアドバイスします。
教科の勉強においては、広く浅い学習よりも、狭く深い学習の方が大切です。
あれこれと単元を変えながら表面的な復習や対策をするよりは、
まずは1つに単元を絞って、深いところまで徹底的に学習しなおす方が効果的です。

テストでは「知っている」では問題は解けません。
「覚えている」「解ける」のレベルまで学習を進めておく必要があります。
そのためには、やはり深く細かい部分まで覚えなおす学習と、
出題パターンが変わっても応用できるレベルになるための演習が不可欠なのです。

球が飛んで来たら、確実にキャッチできる範囲を広げるのが、「守備範囲を広げろ」の意味です。
これをしっかり行えば、短期間で得点UPすることも可能になります。

学習空間では、生徒一人一人が学習している内容は全く違います。
教材もペースもレベルも範囲も、何もかもバラバラの個別対応です。
その生徒が点数アップするために、最も適切なカリキュラムを与えて、指導を行います。
その進捗を細かく管理できるのが、学習空間の強みでもあるのです!
そのため、中3の各生徒が統一テストに向けて鍛えている守備範囲もバラバラです。
生徒の向き不向きやこれまでの学習傾向を最大限に加味して、学習内容を調整しています。

あまりにバラバラなので、たまに他の生徒の内容と混乱してしまうこともあります!笑
でももちろんほとんど覚えてますよ。
何が苦手か、どこでいつも間違うか、どこは以前できていたか、得意なところは何か、
何を理解しているか、どんな分野が好きか、どんな説明の仕方をすれば理解が早いか、
などなど。
そこはけっこう自信あります。( ̄▽ ̄)b

でも最後に必要なのは、やはり生徒自身の高い意欲と行動力ですね。
それ無しでは、やはりどんなにこちらがうまくアプローチしても効果が出にくいです。
生徒自身の意識と行動が本質的に変化すれば、学力は面白いくらい変化します。
当たり前ですね。

さぁ、金沢市統一テストまであと1週間!(も無いけど)
悔い無き結果になるように、全力疾走で当日まで頑張りましょう!
私も生徒に負けないように全力疾走で、熱き指導に尽力していきますよん!

【石川エリア 金沢西教室】自立学習のススメ

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

私には、今年小学生になった娘がおります。
学校の勉強についていけるようにと、いろいろと教材を買い与えたりしています。
余計なことなのかもしれませんが、やっぱり心配ですからね・・・。

娘が問題を解いていると、よく「わからないー!」と癇癪を起します笑。
話を聞くと、ろくに問題文も読まずに解こうとしているではありませんか。
まずは自分でしっかり問題文を読んでから取り組むように伝えます。
安易に正解するよう促したり、必要以上のヒントを与えることはしません。
なぜなら、自分で努力して解く余地が、まだ残されているからです。

教えることも大切ですが、教えすぎないことも大切です。

学習空間では「自立学習」を目指して、指導を行っています。
自立学習とは何かというと、先生の力に頼らず自分一人ででも
①わからないことを自分で調べて解決し
②覚えるべきことをちゃんと暗記し
③どんな勉強をすべきか考えることができ
④適切な計画を立てて
⑤自発的に良い勉強に向かえる
という状態です。

もちろん上記はある意味「ゴール」であり、そんな簡単に到達できる境地ではありません。
ただ、できるできないに関わらず、やろうとしているかどうかが、重要なのです。

「自立学習」の反対の言葉があるとすれば、「依存学習」でしょう。
①勉強は、親や先生に言われないとなかなかしない
②わからないことがあると、先生に説明してもらわないと前に進めない
③先生に指示をもらわないと、何を勉強していいかわからない
のような状態です。

こういう状態の中学生は、よくいると思います。
それに困って、塾を探される保護者の方は多いです。
この「依存学習」状態を、「自立学習」状態に変えるのが、我々のミッションです。

さて、「テストの点数が上がらない」「成績が上がらない」の理由は何でしょうか?

例えば、こんな子がいるとします。
「うちの子は勉強のやる気はあるが、どうも教科の内容でわからないことが多い。
わからない部分だけ質問できれば、あとはちゃんと自分で理解・暗記ができる。
学んだことを定着させる演習も、自宅でちゃんと計画的に進められる。
だから週に1回のペースで、先生に付いてもらって教え込んでほしい!」

こういう子であれば、完全に「自立学習」ができています。
点数が上がらない理由があるとすれば、「疑問点の解消不足」でしょう。
塾でわからないところだけ教えてもらえば、すぐに点数は上がると思います。

しかし上記のような状況の生徒は、多くはいないのが現実かと思います。

勉強は、ただわからないことを教えてもらうだけでは、全くもって完了しません。
「塾で教えてもらう」から「テストで点が取れる」までには、実に多くのプロセスがあります。

「教えてもらう」⇒「教わった知識を整理・暗記する」⇒「関連する問題を何度も解いてみる」
⇒「誤答したものを整理し、対策を考える」⇒「後日、類題を再演習して定着度をチェックする」
などです。
これがちゃんとできれば、テストの点数はめちゃくちゃ上がります。
学習空間では、上記を塾でちゃんと生徒にさせていくことを大切にしています。
講師が各生徒の状況を管理し、適切な学習計画を指示していきます。
それを日々繰り返していくと、生徒が自発的に上記の行動を行うようになります。
「依存学習」が「自立学習」に変化する瞬間です!

また、学習空間では自分で解説を読んで理解させるトレーニングを指導に組み込んでいます。
「教えてもらう」に依存せず、自分で読んで理解する力は本当に重要です。
高校や大学に行けば、当然のように要求される能力です。
小学生や中学生のうちからそういったチカラを鍛えていくことも、学習空間の方針です。
解説を全く読もうとせずに、「何もわからんから先生教えて~。」は許しません!笑

もちろん生徒が自力で理解できない場合は教えます。当たり前ですが・・・(^-^;)
学力や理解力ではなく、「自力でわかろうとする行動力」を育んでいくことが目的です。
わからないとすぐに先生に頼ってしまうのではなく、
まずは「自分で解説を読んで考えてみよう!」という意欲を引き出していくことが、
生徒の将来的な自己学習力UPも見据えた、我々の狙いなのです。

良いテストの点数や成績は、然るべき行動があれば、必ずあとからついてくるものです。