【石川エリア 金沢西教室】点数の上がるテスト対策の仕方とは?

学習空間金沢西教室の教室長の成田です!

いよいよ来週から中間テスト、依然として対策を実施中です。
学校の提出物は仕上がったので、繰り返しの演習や塾の対策プリントに力を注ぐ子が増えてきました。
とても良い傾向です!(^-^)b

テストで点を取るためには、点が取れる学習の進め方をする必要があります。
それは「理解」と「暗記」と「演習」をしっかり管理して、計画的に学習することです。

ただ理解しているだけでは、テストで答えが書けません。
「答えを見ればわかるのに、本番では解けない」となる子のパターンです。

また、ただ覚えるだけでも、テストで正答は得られません。
問題の出され方が変われば、うまく覚えた知識を出せないからです。

テストで点を取るためには、
①早い段階での理解(インプット)
②計画的な暗記(インプット)
③覚えたことを問題演習で出せるようにする練習(アウトプット)
の3つが全てできている必要があります。

学習空間では、この「理解」「暗記」「演習」のサイクルを講師がコントロールしながら、
学習を進めてもらいます。

そういった習慣をつけさせると、やがて生徒自らそのサイクルで学習してくれるようになります。
学習空間の「生徒を育てる」という理念は、この流れを作ることを目指す理念なのです。(^o^)
そしてテストでちゃんと結果が出ることで、生徒の行動はさらに前向きに変化していきます。

ここをしっかり管理するのが、学習空間の強みでもあります。
せっかくやるのであれば、正しい勉強のステップを踏んでもらうことは本当に大事ですね。

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA